ED治療薬の胎児や妊娠の影響

不妊治療の現場で使われる

妊活中にEDになってしまう男性も少なくない

安心して服用することが可能


結婚をしてパートナーと二人で新婚生活を味わって、そろそろ子作りに入ろうということで妊活をすると言う人も増えてきたと思いますが、授かりものだけあって中々恵まれないという人もいます。

今の時代は不妊に悩む人も珍しくなくて望んでも中々子供が出来ないという人も多いですよね。

不妊治療の第一段階としてまずは決まった受精しやすいタイミングの時に性行為をするということが不妊治療の第一歩なのですが、この時に男性がEDになってしまうということも珍しくないのです。

というのは今まではお互いの性的興奮が高まった時に性行為をすればよかったのですが、決められた日に必ず性行為をしなければいけないという作業的な感覚に男性が性的欲求を沸きづらくなってしまったり、また必ず性行為をしなければいけないというのがプレッシャーになってしまう人もいます。

不妊治療中にEDになってしまう男性は珍しくなくて今まで性行為中に中折れをしたことがないという人や萎えてしまうということがない人でも念のため1錠治療薬を渡す病院もあるほどです。

EDになってしまったら性行為自体が出来なくなってしまいお互いに険悪なムードが流れてしまう可能性もありますよね。ED治療薬を使えばスムーズに勃起にいたることが出来るということも会って不妊治療の現場でもED治療薬は活躍を見せています。

しかし、一つ気になるのが胎児に何かかしらの影響があったり、妊娠しづらくなると言うことはないのか?不安に思うところもあるでしょう。

結論から言ってしまえばED治療薬による胎児や妊娠の影響はありません。

あくまでも血管を拡張させる薬なわけで、精子に影響を及ぼしたり、妊娠しづらくなったりすることはありません。

そこは不妊治療専門の医者が勧めほどですから安心できると思います。

女性の場合は親や知り合いから子供の催促をされたりしますし、年齢を重ねれば重ねるほど妊娠しづらくなるプレッシャーがあります。

望んでいても出来ないストレスなどは男性の比ではありません。女性は生理が来るたびにショックを受けるものです。

だからこそ男性は必要最低限スムーズな性行為が出来るように準備万端としてED治療薬を用意しておくようにしましょう。

レビトラ【20mg】まとめ買いの通販価格
値引 通常価格 割引価格 1錠 購入
7箱 17% 41,160円 34,159円 1,219円 通販
5箱 16% 29,400円 24,732円 1,236円 通販
3箱 13% 17,640円 15,417円 1,284円 通販
2箱 9% 11,760円 10,702円 1,337円 通販
1箱 5,880円 1,470円 通販

↑ PAGE TOP