ED治療薬の併用禁忌薬

持病持ちの人は注意

意外なものが併用禁止薬に指定されているものもあるので注意しましょう。

併用禁忌薬は増えることもある


併用禁忌薬という聞きなれない言葉かもしれませんが、ED治療薬と一緒に服用してはいけない薬というのが世の中にはあります。

まず第一に持病を持っていて今現在薬を服用しているという人は必ずED治療薬専門の病院にいって先生に相談をしましょう。

意外なものが併用禁忌薬に該当するケースもあります。

一つ一つ薬品名などを書いていたら膨大な量になってしまいますが、薬の系統だけを把握しておけば覚えやすいと思います。

水虫の治療などで使われる内服の抗真菌薬

最も身近なもので意外性があり、かつ男性が使っている人も多いのが水虫の菌が爪などに入ったカビを撃退する抗真菌薬です。

抗真菌薬も色々な種類があります。塗るタイプであれば問題ありませんが、服用するタイプの場合ですと肝臓に負担がかかりすぎてしまってED治療薬の代謝が十分にされずにED治療薬の効果が強く出てしまいますので併用禁止薬となっています。

狭心症の治療に使われる硝酸剤系の薬

ニトログリセリンを代表とするニトロ系の薬は血管を拡張させます。そしてED治療薬も同じように血管を拡張させます。

このことから二重に血管が拡張されることになって血圧が急激に下がり心臓に負担がかかってしまいます。

色々なタイプがニトログリセリン系にはありますがその全てが禁止となっています。

錠剤から張り薬、注射、スプレー、吸入薬がありますが使用してはいけません。狭心症を患っていてニトロ系を使用している方はED治療薬の服用をせずに医師に相談をしましょう。

HIVの治療薬とC型肝炎の治療薬

HIVやC型肝炎の薬は肝臓に負担がかかりますが、ED治療薬を使ってしまうとさらに肝臓に負担がかかり、うまく薬の効果を処理しきれずに強く効果が現れてしまうので併用禁止薬となっています。

日本でもHIV患者は増えてきているので注意してください。

肺高血圧症で用いられるアデムパス

新たに追加された併用禁忌薬がこのアデムパスと呼ばれる薬で、肺高血圧症で用いられる薬です。

あまり古い冊子では書かれていないことが多く安全だと思って使ってしまう人もいるので気をつけましょう

不整脈などの治療に使う抗不整脈薬

あまり使われなくなった薬ですが、整脈の治療薬の一部です。併用した場合心臓の働きに異常が起こってしまいますので気をつけましょう。

不整脈だと医師に言われた時は必ず相談をしてください。

レビトラ【20mg】まとめ買いの通販価格
値引 通常価格 割引価格 1錠 購入
7箱 17% 41,160円 34,159円 1,219円 通販
5箱 16% 29,400円 24,732円 1,236円 通販
3箱 13% 17,640円 15,417円 1,284円 通販
2箱 9% 11,760円 10,702円 1,337円 通販
1箱 5,880円 1,470円 通販

↑ PAGE TOP